ホーム > ヴァイアブログ

ヴァイアブログ

2019.11.06

ロンドン買付け クリスマスへ向けて🎄

クリスマスへ向けてロンドン買付けへ行って参りました。

今回は出発前の羽田空港で素敵なサプライズが!

何とイギリスのチャールズ皇太子に遭遇✨ラウンジで凄いタイミングでした。またロンドンまで同じ便❗️

良い事があると買付けのスタートからも良い事が!

ずっと探していたDEAREST ring に出会えました✨

ヴィクトリア時代のセンチメンタルジュエリー。

DEAREST 「最愛の人」という意味のあるリング✨素敵ですよね😊

Dダイアモンド

Eエメラルド

Aアメシスト

Rルビー

Eエメラルド

Sサファイア

Tトパーズ

石の頭文字を使っていてロマンチックですね。

また、アンシェントのリングも入荷!2000年前のジュエリーです。

先ずは11月13日水曜日から19日火曜日までの立川伊勢丹のフェアで新着商品はご覧になれます❣️

可愛くて素敵な物がいっぱいです。お待ちしております。

2019.09.23

ダイヤモンドのカッティングの変遷

19世紀のダイヤモンドのカットは、中央を六面体、下部は平面にしたローズカットを始め、少し四角いオールドマインカット、ブリリアントカットに近いオールドヨーロピアンカットと変化し、20世紀に入る少し前から現在とほぼ同じブリリアントカットが登場しました。

その後は、屈折率が高いため鋭く輝き、プリズム効果もよりはっきりと出るブリリアントカットが主流になっていきます。

現代ではダイヤモンドは様々にランク付けされ、きらびやかなものがたくさん出ており、更に輝きが増すようなカットが開発されています。そのような技術的な面での発展は素晴らしいことです。

しかし、アンティークに目を向けると、古いカットにはブリリアントカットにはない星が瞬くような可憐なきらめきがあるのです。

ゴージャスなダイヤモンドのイメージとは違う、ダイヤモンドの自然な優しい美しさを見ることができるのです。

アンティークジュエリーからヴィンテージジュエリー、そして現代ジュエリーに至るまで、人は悩み、工夫し、そうして素晴らしいものを残してきました。

その先人の営みを想いつつ、アンティークジュエリーを手にする時間は至福のひとときです。

今は誰もがジュエリーを手にすることができる自由な時代。

皆様にはアンティークジュエリーも現代ジュエリーも、いろいろにお楽しみいただきたいです✨

2019.09.16

シードパール

私たち日本人には非常に馴染み深いパール。

現代の大粒なものと違い、アンティークジュエリーの世界ではシードパールという小さな小さなパールを使ったものが主流です。

1920年代に日本でミキモトの養殖真珠が登場して以来、大粒の物が瞬く間に普及しましたが、それ以前は天然パールを世界中から集めていました。

パールは自然の産物ゆえ、綺麗な球状になるものや、まして大粒のものは稀です。

貝の種類や芯によってそれぞれに変わってきます。

そんな中で限りなく丸く、色と数を揃えることは大変なことでした。

ですから、20世紀初頭までのパールは私たちの想像以上に高級品であったのです。

けし粒ほどのパールに穴を開け、穴を開けた白蝶貝の土台に編み込んでいく、本当にデリケートな作業は目を見張ります。

繊細なため、完全な状態で残っているものは少なくなってきました。

大切に伝えていきたい歴史のひとつです。

ストーンカメオに繊細なシードパールをあしらったネックレス
特別な時にだけ使用されたと思われる
19世紀後期 イギリス

2019.09.13

日本橋三越 逸品会に出店いたします

毎年、春と秋に開催される日本橋三越 逸品会に、今回も出店いたします。

ホテルニューオータニの広々としたスペースには装飾品はもちろん、ファッションや美味しいもの、ホビーなど各分野の逸品が勢ぞろいし、華やかな2日間となります。

私どもも、唯一の西洋アンティークのお店としてとっておきのジュエリーをお持ちいたします。

ご来場予定の皆様、ぜひヴァイアのコーナーへお立ち寄りくださいませ!

《会場》 ホテルニューオータニ 芙蓉の間

《会期》 9月14日(土)〜15日(日)

    14日…10時~19時 

    15日…10時~18時30分

皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

2019.09.02

イギリスへ買付けに来ています

こんにちは^_^

代表の木山貴久子です。

8月28日からイギリスに来ています。

こちらは既に初秋の爽やかなお天気が続いています。

今日は私の大好きな癒しの場所や買付けたジュエリーをご紹介しますね。

アフタヌーンティー。癒しのひととき✨
私の大好きな癒しの場所 ケンジントンパレスのオランジュリーカフェ
ハイドパーク
17カラットのナチュラルルビーのバングル。ヴィンテージですが素晴らしい作品!
ナチュラルルビーとゴールドの絢爛豪華なバングル
カーネリアン(赤メノウ)のインタリオリング カタツムリの彫刻が施されています。1820年頃。
美しいオパールとダイヤのリング。1900年頃。
ジョージ ジェンセンの鳩のブローチ。現代では作られていない貴重なもの。
手彫りが美しいシルバーのブローチ

他にもたくさんのジュエリーが入荷いたします。

どうぞ楽しみにお待ちくださいませ!

            木山貴久子   

2019.09.01

アーツ アンド クラフツ運動

19世紀後半、イギリスでは工業化が進み、工芸品に関しても粗悪なものが見られるようになりました。

そこで、手工芸の良さを見直そうと生まれたのが「アーツ アンド クラフツ運動」です。

一貫して手作りに拘り、個性の強い作品が多く見られます。

こちらのピアスは、シルバーを叩いて伸ばし、ドングリの部分は空洞に作られています。

葉脈やドングリの丸みなど、リアリティに拘りが見られますね。

また、手作業ならではの温かみも感じられます。

このようなものが手に入るたび、100年余りの年月に思いを馳せ、感謝の気持ちで溢れます。

私たちが生まれるずっとずっと前からこの世に存在していて、大切にされて、巡りめぐって私たちのもとへ…。

店名のVIAは英語をはじめヨーロッパでは「経由」という意味。

ラテン語では「道」です。

ヴァイアを経由して皆様のもとへ…。

アンティークジュエリーの世界を皆様と分かち合えたら、何より幸せですね。

Page Top